ビアス市が尾自治会

ホーム環境整備防災防犯地域情報

ビアス市が尾自治会

ビアス市が尾(March 2006)

p align="center">『ビアス市が尾』は、今から20年前の昭和61年3月に、

横浜市青葉区荏田西の丘の上に建てられた

永住型のマンションです。

この129世帯の共同体は、「ビアス市が尾自治会」として

荏田西地区の他の町内会・自治会と連携した

活動を行っています。

ビアス市が尾自治会活動のご紹介

ビアス市が尾自治会は、以下に記す多岐に亘る活動を推進しています。(平成18年度)

1.地域社会活動

(1)荏田西地区連携活動:荏田西町内会・自治会連絡協議会に出席

(2)募金活動:赤十字、共同募金、歳末助け合い運動等

(3)福祉活動:福祉事業協力(商品の販売斡旋)、講演会に出席

(4)協会活動:防犯協会、体育協会、保護観察協会等の総会出席

(5)防災活動:地域防災拠点運営委員会に出席、地域防災訓練への参加、防災研修会に参加、F30運動に参加等

(6)防犯活動:「荏田西安全なまち会議」に出席、えだにし学援隊に参加、C30運動に参加等

(7)消費生活推進員活動:推進員会に出席、各種行事に参加

(8)環境事業推進委員会活動:委員会に出席、各種行事に参加

(9)G30活動:地域G30推進委員会に出席

(10)保健活動推進員活動:各種行事に参加

(11)その他の活動:広報誌の配布、小中学校行事に参加、荏田西ふるさと祭りに参加等

2.当自治会内活動

(1)青少年活動:夏休みラジオ体操、子供会等のお手伝い

(2)防犯防災活動:自衛消防隊結成、防犯の話し合い、PR等

(3)レクリエーション活動:バス旅行の実施、各種親睦会の開催等

(4)消費生活推進員活動:研修会に参加、暮らしの情報・消費生活相談月報の回覧等

(5)環境事業推進員活動:ゴミ出し調査、G30の推進、ゴミ出し看板掲示等

(6)福利厚生活動:敬老関連事業

(7)慶弔事業

(8)その他の活動:古紙回収、各種情報の回覧等

ビアス市が尾自治会の現在の取り組み

ビアス市が尾自治会は、平成18年度の活動に本格的に取り組んでおります。以下に、現在重点的に取り組んでいる活動とその取り組み状況をご報告します。

(1)「荏田西ふるさとまつり」の準備開始

  「荏田西ふるさとまつり」は、今年も8月26日(土)に行われる予定です。近隣の町内会・自治会と連携して、ビアス市が尾自治会も出店や主催スタッフとして参加します。現在実行委員会による準備活動が始まっております。ご協力をいただけます方は自治会長までご連絡ください。

(2)「平成18年度横浜市総合防災訓練」について

  9月1日(金)に、横浜市総合防災訓練(八都県市合同防災訓練)が実施される予定です。これは、防災関係機関、市民、企業、NPO等の協働による総合的な訓練を、実災害において使用する学校や地域の防災施設等で実施することにより、発災時における迅速・的確な初期活動と、相互の連携体制を強めるとともに、市民防災意識の高揚および地域防災力の向上を図ることを目的としています。

 荏田西小学校は、重要な地域防災拠点ですので、ビアス市が尾自治会は近隣の町内会・自治会と連携して、この防災訓練に計画から実施まで参画していきます。こちらにも多くの方々のご協力・ご参加が必要です。皆様からの少しずつのご協力を集めて、大きな力にしていきたいと考えておりますので、ご協力くださいますよう、よろしくお願い致します。

 訓練当日は、地域防災拠点の役割や保有する設備、備蓄庫に備えてある救命用機材や食料および水など、防災に関する情報や避難方法が紹介されます。是非お誘い合わせの上ご参加くださいますようお願い致します。

(3)「えだにし学援隊」募集中

  荏田西小学校の安全と通学する児童の安全を見守る、「えだにし学援隊」は、現在6月からご参加いただけます方々を募集しています。平日の登下校の時間に、ほんの少しずつの時間でも結構ですから、地域の子供達の安全を見守り、また子供たちと声を掛け合う運動にご参加ください。事故や事件が起きてから後悔するのでは遅いです。多くの人の目があり、挨拶をする習慣があるというだけで、事件の芽をつむことができるかもしれません。皆様方のご協力をお願い致します。

ビアス市が尾自治会へのご連絡先

ビアス市が尾自治会へのご連絡は、koike@yokohama.email.ne.jp までお願い致します。

Copyright (c) Aoba-portal.net All rights reserved.