あなたはゲストユーザです。青葉区民ポータルサイトのログインは→こちら、新規登録は →こちらからどうぞ!

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
イベントカレンダー
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
今日の予定
予定なし
アクセスカウンタ
today 2111211121112111
yesterday 3913391339133913
total 8098375809837580983758098375809837580983758098375
LogCounterX by taquino
あおばみんドキュメンツ

グループ活動絵日記 (桜を愛する会)     

「川和遊水地の地下神殿を見に行こう!」に参加しました。(NO.231)

投稿日:2016/05/12

川和遊水地の内部、林立する高い柱の下を奥へと歩く。

鶴見川の水を取り込む、高さ4.5m、幅30mの越流堤(エツリュウテイ)。

1月21日(水)午後1時、天気 雨、気温4.5℃、湿度38%。
本日私達、「桜を愛する会」は豊田事務局長以下家族を含め17名が「鶴見川流域水マスタープラン10周年記念・街に隠れる水マスのヒミツを探しに行こう」のイベントに参加しました。
鶴見川流域水協議会主催で、私達が「桜を植樹」をしている鶴見川流域では過去に台風や前線に伴う豪雨が来て、たびたび浸水の被害が発生していました。今回「鶴見川のはんらん」を事前に予防する施設が地元にあることを知り、勉強し今後に役立てて行こうとするものです。

[ 探索コースは・・・   ]
東急田園都市線市が尾駅に13時集合。参加者総数は37名。
「NPO法人鶴見川流域ネットワーキング」の亀田理事の引率により鶴見川の谷本人道橋に出て、そこで「桜を愛する会」から、植樹したセンダイヤと活動内容を紹介しました。その後、谷本橋を経て下流へ歩きました。途中、鎌倉街道・中の道、川和宿にある道祖神や双体道祖神などを地元情報誌「ひろたりあん通信」」の編集長から説明がありました。そして川和遊水地を見学後、解散です。

[ 川和遊水地の地下神殿・・・   ]
川和遊水地管理棟の会議室で神奈川県横浜川崎治水事務所の藤崎課長から遊水地事業の概要説明を受けました。そして各自長靴に履き替え、遊水地の入り口から内部へ入りました。216本の太い柱に支えられた車両基地の高さ6.0〜6.5mもある天井、点灯された照明の明るい事。その広い空間はまさに神殿そのものです。雨水が所々溜まった地底を誘導されて380m先の越流堤へ向かい、そして入口へと戻りました。とにかく大きく、広いです。

場所は鶴見川河口から21劼涼賄澄∪鎖紛恐捨左岸、横浜市営地下鉄川和車両基地の地下です。その目的は貯水容量12万㎥(50mプール350杯分)の遊水地で、周辺地域や下流域を洪水の危険から守るものです。仕組みは鶴見川の水を高さ4.5mの越流堤から取り込み下流への洪水量を低減するものです。
鶴見川流域の主な洪水調整施設は川和遊水地のほか2か所あり、恩廻(おんまわし)公園調整池<容量11万㎥>と鶴見川多目的遊水地<容量390万㎥>があります。
以上、「桜を愛する会」の地下神殿探索隊の報告でした。

 ミニ知識 : <越流堤(えつりゅうてい)・・・・・河川や水路で、水量調節の目的で、堤防の一部を低くしたもの。
         一定の水位以上になると越流させ、その水を貯水池や遊水地に貯える構造。

連絡先:
関連Webページ:http://aoba-portal.net/group/sakura/

アクセス数:1465

 コメント(1)

今日1月29日「日本国際賞」のニュースに接しました。
偶然でしょうが、この絵日記とのタイミングがあまりにも良いので、
引用して書き込んでおきます。


日本国際賞に高橋裕氏ら 水害軽減に貢献

 国際科学技術財団は29日、2015年日本国際賞を、治水政策の見直しを提唱して水害を減らすことに貢献した高橋裕東京大名誉教授(88)(河川工学)ら3氏に贈ると発表した。

 高橋氏は1971年、明治時代から続いた治水のための堤防建設が、川の流れを変えて洪水被害を拡大させたことを突き止め、雨水をためる調整池の設置などへの政策転換を提唱。全国の河川に取り入れられた。

 投稿者:chousann 投稿日:2015/01/29 21:45

 コメント(2)

ひろたりあん2月号
本日2月15日に配達あった「ひろたりあん2月号」に本ツアー記事が載っていました。人道橋の上で将来の桜の名所と力説されている桜の仲間の写真が載っています。また聞いたこともなかった「越流堤」の写真もありました。本日(15日)の新聞の折り込みにありました。もしまだ手元にあれば一読ください。
Keep on Smiling and Singing !!!

 投稿者:Sendaiya 投稿日:2015/02/15 20:19

 コメント(3)

ひろたりあん2月号みます!!!

 投稿者:chousann 投稿日:2015/03/03 23:49

 コメント(4)

ひろたりあん2月号みます!!!

 投稿者:chousann 投稿日:2015/03/03 23:49

ログインするとコメントを投稿することができます!  

copyright (c) 2009 Aoba-portal.net All rights reserved