あなたはゲストユーザです。青葉区民ポータルサイトのログインは→こちら、新規登録は →こちらからどうぞ!

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
イベントカレンダー
前月2018年 6月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
今日の予定
予定なし
アクセスカウンタ
today 4231423142314231
yesterday 3177317731773177
total 8736657873665787366578736657873665787366578736657
LogCounterX by taquino
あおばみんドキュメンツ

グループ活動絵日記 (桜を愛する会)     

5月の草刈は・・・。(NO.273)

投稿日:2016/05/16

草刈り後のハマウドの群生・・・。

川間橋下、イワツバメの交代の瞬間・・・。

5月8日(日)午前8時、天気 晴。
草刈は4月に続いて2回目。今日は上流の宮前橋から市が尾高校対岸の水門まで。24名の会員が第1倉庫に集合。朝礼時、依藤樹木管理委員長から今日は暑いので熱中症には十分注意して作業するように。青木・遠藤会員からヒモ型刈払機のヒモの伸ばし方について説明があり、その方法を学び各人が自分でやることにしました。

[ 4月10日の、上流の草刈りでは・・・   ]
今年初めての草刈りには34名の大勢の会員が集合し作業しました。土手の斜面には、多年草で背丈1m以上、茎が太いギシギシが所々に生え、ヒモ刈払機に巻き付き作業を手間取らせましたが、他の野草は比較的柔らかく10時半頃に作業を終了出来ました。花が咲いている野草には黄色のノボロギク、紫色のノアザミ、白色のハルジオン、黒味ががったムラサキツメクサ、赤・桃色のナガミヒナゲシ等が散見出来ました。

[ 今日5月8日の、草刈りでは・・・   ]
土手で目立つのは刈らない所の水辺付近でハマウドが辺り一面を覆い、白い小さな花を沢山付け大きな花のように咲いていました。まるでこの辺りをすべて支配しているようでした。会員による道路監視員の適切な合図の笛で、草砂利作業は順調に進み、後かたずけをし10時頃には終了出来ました。

帰途、川間橋を通りかかると5〜6羽のツバメが辺りを飛んでいました。橋げたの下に毎年営巣しているイワツバメです。その巣の特徴は上部が狭くなっている形です。今まさに抱卵している時で30分くらいで交代しています。2週間もするとヒナがかえり、忙しい子育て(育雛)が始まるでしょう。

   春の草  引けばしたたか  根の張りて  林 雄二郎(清月俳句歳時記) 

 

連絡先:
関連Webページ:http://aoba-portal.net/group/sakura/

アクセス数:480

 コメント(1)

会員の皆様、草刈りご苦労様でした。

さーて、長いGWが終わり10日よりBWが始まりました。BW(Bird Week 愛鳥週間)
写真のツバメの子育ても立派に成鳥し巣立ち、近々早苗の上を飛び回ることだろう。

ただ昨日(10日)の新聞に都市型ツバメの子育てで失敗の原因の1割は巣作り妨害とあった。人が巣を落としたり巣作りを妨げたりする割合が都市部では農村部の約7倍とか。人家の軒下に泥やらワラで作られた巣が「不衛生」と嫌われるらしい。
カラスやヘビなどの天敵による妨害は別として我々人間はもっと大きな気持ちで「優しく見守って」やりたいもの。

そうだ毎年藤が丘駅に営巣していたが今年はどうだろうと思って夕方見に行った。改札の上にはなかったがMother`sアーケード街上にはありました。残念がら親ツバメ、子ツバメは見られませんでした。その内帰ってくるのかしら???

Sendaiya

 投稿者:Sendaiya 投稿日:2016/05/11 20:53

 コメント(2)

5月15日(日)午前10時半、ツバメの様子を見て来ました。

親鳥の巣への出入りは頻繁にしてましたが、チイチイと子ツバメの鳴き声は聞こえず、ま

だ抱卵中の様子。前回見た8日から1週間が経ち、間もなくヒナの賑やかな鳴き声が聴か

れるでしょう。

 投稿者:sakura 投稿日:2016/05/16 12:45

ログインするとコメントを投稿することができます!  

copyright (c) 2009 Aoba-portal.net All rights reserved