あなたはゲストユーザです。青葉区民ポータルサイトのログインは→こちら、新規登録は →こちらからどうぞ!

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
イベントカレンダー
前月2018年 6月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
今日の予定
予定なし
アクセスカウンタ
today 988988988
yesterday 2442244224422442
total 8730237873023787302378730237873023787302378730237
LogCounterX by taquino
あおばみんドキュメンツ

グループ活動絵日記 (桜を愛する会)     

5月も下旬になりセンダイヤの葉は緑濃く・・・。(NO.274))

投稿日:2016/06/04

緑の葉をいっぱい茂らせたセンダイヤの並木・・・。

捕獲駆除したヒメコガネ(2011.07写す)・・・。

5月21日(土)午前9時、天気 晴、気温22.3℃、湿度38%。
朝は少し肌寒く感じられましたが、爽やかな五月晴れで10時頃には夏日、谷本公園横の谷本橋から上流の常盤橋まで歩き、木々の緑を眺めて来ました。

[ 新緑の若葉から濃い緑へ・・・   ]
センダイヤの葉桜も終わり、薄緑の若葉は濃い緑へと変化しております。周囲の丘の木々は浅緑から黄緑そして深緑へと変化しております。空の青さに木々の緑が映え大変綺麗で、心が癒されます。葉の緑は葉に含まれる葉緑素(コロロフィル)の色で光合成を行うほど濃くなります。日照時間が多い5月はその変化が楽しめます。

[ 緑を食う害虫が・・・   ]
この時季になるとセンダイヤの樹には今年の葉を食う害虫が発生し、大きな被害が出ます。これまでの害虫類を列記しましと、4種類になります。
オビカレハ: 5〜6月に発生、体長60弌¬喘遏集団性、枝に糸で膜状の巣を作り、周りの葉を食う。
イラガ  : 6〜7月発生、20弌⇔仗Г量喘遏⇒嬶△暴乎弔農限。触れるとハチに刺された様な鋭い痛みあり、葉を食べて成長。
ヒメコガネ : 6〜8月発生、12〜16弌∪崙叱沢色の小型のコガネムシ。食れた葉は穴空きになる、夜に活動。
モンクロシャチホコ : 8〜9月発生、葉を全部食べつくし樹を丸坊主に、さらに隣の樹へガードレールを伝い移動し、その樹の葉も食べ成長。幼虫は赤褐色、成虫は紫黒色の毛虫。

5月13日付け朝日新聞夕刊によると「桜を枯らす外来カミキリ」6都府県に拡大とありました。「クビアカツヤカミキリ」原産地は中国や朝鮮半島、体長20〜40弌光沢のある黒い体に赤い胸部が特徴。幼虫時に生木を食い荒らし最悪の場合、木を枯らしてお花見が出来なくなるほどの被害が出る。新たな害虫にも注意が必要となりました。

私達会員は毎月の草刈り時や臨時の見回り点検でこれらの害虫の発生を見つけ、早期に駆除して来ましたが、発見が遅れることも多々あり、後手後手の場合が多いです。

  青葉から  青葉に伝ふ  風のあり  森戸 しゆじ(清月俳句歳時記)

連絡先:
関連Webページ:http://aoba-portal.net/group/sakura/

アクセス数:504

 コメント(1)

絵日記273号で紹介した、川間橋下のイワツバメのその後の様子をお知らせします。

6月4日(土)AM、確認したところ、ヒナが孵り、親ツバメは子育て中でした。

数ある巣の中には、巣の上部に黒い頭をだしているヒナが見られました。

 投稿者:sakura 投稿日:2016/06/04 12:37

ログインするとコメントを投稿することができます!  

copyright (c) 2009 Aoba-portal.net All rights reserved