あなたはゲストユーザです。青葉区民ポータルサイトのログインは→こちら、新規登録は →こちらからどうぞ!

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
イベントカレンダー
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
今日の予定
予定なし
アクセスカウンタ
today 388388388
yesterday 3760376037603760
total 8088888808888880888888088888808888880888888088888
LogCounterX by taquino
あおばみんドキュメンツ

グループ活動絵日記 (あしたば仲間)     

ぼくらの駿府城(創作マンガ)161012

投稿日:2016/10/26

ぼくらの駿府城

小6同級生が「駿府城を愛する会」に関係して、駿府城の歴史をテーマにした創作マンガを戴きました。
創作マンガも結構面白いのでアップしました。
ブログはクリックして画像を大きくしてご覧ください。

http://sun.ap.teacup.com/kazu/157.html

連絡先:
関連Webページ:

アクセス数:250

 コメント(1)

ふたぱさん
2016年10月12日 12:35
拝見させて頂きました^^
お友達さんはプロの方ですか・・
1富士2鷹3なすびが家康さんからだとは
驚きでしたがまた一つ知識を増やす事ができましたよ〜♪

青百
2016年10月12日 13:04
ふたぱさん、コメントありがとうございます。
同級生はかなり前から駿府城の天守閣再建に尽力されているが、創作マンガの発行や彼の貸駐車場のシャッターに描いているのは、絵の上手な方にお願いしたようです。
ただ駿府城・家康の歴史には非常に詳しいし、このマンガやシャッター絵の創作・イメージは彼が指示して絵を描いたようです。
「 一富士二鷹三茄子」とは、ことわざのひとつです。
初夢にこれを見ると縁起が良いとされているそうです。
江戸時代からのことわざで由来は諸説ありますが、将軍徳川家康に縁の深い駿河の国(静岡県)の名物を、日本最高峰の富士山、富士に棲む名鳥の鷹、他国よりも早く産出するがも初茄子を並べたとされる説が有力であると言われています。

 投稿者:asitaba 投稿日:2016/10/20 19:51

 コメント(2)


アイテムさん
2016年10月12日 13:01
こんにちは。
「ぼくらの駿府城」よくかけておりますね、感心しました。
また、今までにない資料をえまして、大いに知識を得ました。
当然に「駿府城」は見学済みですが、ここまでの資料は得ておりませんでした。
良い旅をされましたね。

青百
2016年10月12日 13:16
アイテムさん、「ぼくらの駿府城」の創作マンガは貰った時に駿府城の歴史をテーマにして良くまとめてあると思いました。
私も駿府城は自転車で行ける距離であり子供の頃から良く遊んだところです。
そのお堀でうなぎやなまずや鮒釣りをしていました。
彼は同じ幼馴染であり駿府城天守閣の実現に熱心に行動している。
私も少しでも皆様に知っていただくようにネットでupさせていただきました。
何んとか江戸城の天守台と同じように、駿府城の天守台くらいは実現できれば良いなと思います。

 投稿者:asitaba 投稿日:2016/10/22 19:54

 コメント(3)

さぬきふじ・2さん
2016年10月12日 15:36
漫画上手ですねえ。
本職でしょうか?  中身をしっかり読んでみたくなりましたよ。
このように地元で頑張っておられる人が居ますと、応援したくなりますよね。
漫画など読むことがありませんので、良かったですよ。
手に取って読みますと尚更、面白いでしょうに・・・・

青百
2016年10月12日 15:44
さぬきふじ・2さん、
ぼくらの駿府城(創作マンガ)日記にコメントありがとうございました。
マンガは本職の方が描いたのでしょうね。
彼は駿府城や家康の事を良く勉強しているのか良く知っています。

 投稿者:asitaba 投稿日:2016/10/23 06:54

 コメント(4)

さぬきふじ・2さん
2016年10月12日 21:13
青百さん、
漫画の絵は可愛いものに仕上がってて、温かみが感じられますね。
地元民としましては、誇りに思ってるでしょうねえ〜

青百
2016年10月13日 08:21
さぬきふじ・2さん、お早うございます。
漫画の絵も面白いが、過去にも未来にも行くことが可能なタイムマシン・タートルの設定はドラえもんのタイムマシーンみたいだね。
460年前の徳川時代と現代の静岡の街の姿を克明に描いていて良くわかりますね。
幼馴染の彼は地道にコツコツと良く頑張っていると感心します。

 投稿者:asitaba 投稿日:2016/10/23 10:00

 コメント(5)

拍手したユーザ
★昴☆SUBARU★さん、さぬきふじ・2さん
ぼくらの駿府城(創作マンガ)日記に拍手して頂きありがとうございます。

 投稿者:asitaba 投稿日:2016/10/26 09:37

ログインするとコメントを投稿することができます!  

copyright (c) 2009 Aoba-portal.net All rights reserved