あなたはゲストユーザです。青葉区民ポータルサイトのログインは→こちら、新規登録は →こちらからどうぞ!

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
イベントカレンダー
前月2018年 9月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>
今日の予定
予定なし
アクセスカウンタ
today 1940194019401940
yesterday 6306630663066306
total 9334477933447793344779334477933447793344779334477
LogCounterX by taquino
あおばみんドキュメンツ

グループ活動絵日記 (桜を愛する会)     

絵日記300号 到達記念特集 − 

投稿日:2017/05/15

2010年3月第23代日本さくらの女王 大野可那子さんと当会員

今年2017年4月 満開のセンダイヤの桜並木

『  第敬堯〆を愛する会が目指す方向、夢   』
 [ さらに発展して行くために    ]
桜を育てる会・団体は全国にたくさんあります、2010年に同時表彰を受けた会と交流し情報交換することは後発の当会の発展に大きな成果をもたらしました。「厚木鳶尾山の桜の会」そして「南足柄ハルメキ桜の会」には、植樹祭への招待、植木の講師を派遣していただき、また「山形県各地域の桜の会」とも交流があり、当会も暑気払い等に招待しており、相互交流は毎年続いています。

[ これからの夢は    ]
石原会長、豊田事務局長によると「我々が後世のため創った、谷本川のセンダイヤの桜並木で『 センダイヤ祭 』を計画・実施したい。焼きそば名人の焼きそばや焼き鳥、子供の好きな物などを出店し地元の子供たちや住民に楽しんでもらえるような『 桜祭 』が目標で、それに向かって会員全員が努力したい」とのことです。谷本川のセンダイヤの桜並木が青葉区の名所となり、地域の人たちの憩いの場所、また癒しの場所として根付いてほしいと願っているからです。 

[ 絵日記301号へ    ]
特集を編集するに当たり、創立者の石原、豊田、柴崎の3氏からお話を聞く企画をしました。当日、飯島氏が加わり、聞き役の渡邉、辻野は4氏から色々とお話を拝聴しました。我々の知らない設立当時の話がたくさん出て、また我々の質問により各人の記憶が次々と呼び起こされて話が広がりなかなか先に進まないほどでした。皆さんの桜に対する熱い情熱を直に感じる場でもありました。300号の節目を超え次号に続くための大変貴重なお話、有難うございました。

連絡先:
関連Webページ:

アクセス数:1232

ログインするとコメントを投稿することができます!  

copyright (c) 2009 Aoba-portal.net All rights reserved