あなたはゲストユーザです。青葉区民ポータルサイトのログインは→こちら、新規登録は →こちらからどうぞ!

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
イベントカレンダー
前月2018年 4月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<今日>
今日の予定
予定なし
アクセスカウンタ
today 4268426842684268
yesterday 4575457545754575
total 8501081850108185010818501081850108185010818501081
LogCounterX by taquino
あおばみんドキュメンツ

グループ活動絵日記 (桜を愛する会)     

秋の鶴見川の草花を探しに行きました。(NO.308)

投稿日:2017/10/04

市営地下鉄傍の精進橋下に咲く「ススキ」。

恩田川の土手に咲く「赤」と「白」のヒガンバナ。

9月16日(土)午前9時、天気 曇、気温23.5℃、湿度60%。
台風18号と秋雨前線の影響で雨の降りそうな天気、涼しくまさに秋到来です。天神橋から下流へ約3劼陵邱膓供△修靴堂古沈遒鮠緡の中山大橋へと歩きました。

[ 天神橋から精進橋、落合橋そして中山大橋へ   ]
土手の左側、民家の生け垣の下に「真っ赤なヒガンバナ」が数本ずつかたまって咲いています、「青色のツユクサ」もあります。少し行くと人の背丈を超えるほどに伸び、道をふさいでいる「セイバンモロコシ」をかき分けると、キク科の「黄色のアラゲハンゴンゾウ」の花が群生しています。そして精進橋の鉄橋下には秋の到来をつげる「ススキ」の穂が風に揺れていました。川沿いに進むと「紫色のクズ」の花が葉陰にたくさん見られました。市営地下鉄車両基地を左に見ながら八千代橋手前には「うすピンク色のアサガオ」の花や「白色のワルナスビ」、そして橋をくぐり少し先の鶴見川に架かる落合橋をわたり恩田川の土手に出ました。ここには「ピンクや赤のコスモス」や小さな「紅色のハギ」の花、そして「白色のヒガンバナ」や「真っ赤なヒガンバナ」が彼岸の季節を知らせるようにたくさん咲いていました。また穂が花のかたまりである「エノコログサ(ネキジャラシ)」もありました。
秋の七草はハギ・クズ・オバナ(ススキ)の3種類がありましたが、キキョウ・フジバカマ・オミナエシ・ナデシコは見られませんでした。

[ 台風18号の動向が大変心配です   ]
今回の台風18号は17日朝には九州に接近、上陸すると見られています。大型で強い台風、大雨と強風が予想され、九州から関東、北海道を縦断する予報です。各地に被害が発生しないよう祈念するばかりです。

  手折るには  芯の強さの 芒かな 加藤 ひかり (清月俳句歳時記)

連絡先:
関連Webページ:http://aoba-portal.net/group/sakura/

アクセス数:456

 コメント(1)

☂の敬老

 美しい四季の移ろいと素敵な写真いつもありがとうございます。
長距離を足で稼いでの観察、呉々も疲れを出さないように。
我が広報担当記者さんは元気そのものなので心配ないか(?)

 と言いながら今日、明日と各地で敬老の集いが模様されています。
☂で出足がくじけていますがどうかお元気で皆さんと集って頂きたいと思います。

移植した前の公園の彼岸花も年々株数が増えてきて今が旬です。仕事の合間にコーヒーを飲みながら一人昼さがりを楽しんでいます。

桜咲く、人で咲く
Keep on Singing and Smiling ♪ ♪
Sendaiya

 投稿者:Sendaiya 投稿日:2017/09/17 13:29

 コメント(2)

台風18号が去り2日目、30℃を超す真夏のような天気と気温がつづいています。

本日午前、「黄色のオミナエシ」を探しに杉山神社と中里農協横の飯田農園へ行きました。

飯田農園ではオミナエシは見つかりませんでしたが、大変珍しい、「オレンジ色のヒガンバ

ナ」を見せていただきました。

 投稿者:sakura 投稿日:2017/09/19 12:36

 コメント(3)

万珠沙華
 いわゆるお彼岸の頃咲く彼岸花、ニョキニョキときっちりほぼ同じ場所に花を咲かす。
彼岸花は有毒性と悪臭を持つため、ネズミやモグラなどから田んぼの畦を守るために植えられたという説もある。
そう言えば悪童の頃、道草して帰った田んぼの道も今の時期沢山咲いていた。
今で言う飯田さん農園の畦道か。


秋の斜光に煌(きらめ)き揺れる穂波はこれまた幻想的で人を魅了する。秋の七草の一つに数えられる芒は、花穂も色合いも地味であるが、秋を描いたり、秋を生けるにはならなくてはならない存在である。華やかさがない為に主役より脇役が似合う。もしかして舞台によってはなくてはならない主役かも(?)

「山は暮れ野は黄昏の芒哉」蕪村

今日は(21日木曜日)朝からさわやかな秋晴れ、澄み切った空には綺麗ないわし雲(うろこ雲)が、夕方には田園都市線の陸橋から夕焼けの富士が。。。
経験したことないがこういった日和には鰯がよく獲れるそうです。

我が仙台屋も秋の装いがいよいよ始まりました。

桜咲く、人で咲く
Keep on Singing and Smailing ♪ ♪

Sendaiya

 投稿者:Sendaiya 投稿日:2017/09/21 20:38

 コメント(4)

今日は秋分の日。生憎の雨、当会定例の草刈り日です。

昨夜は横浜市に大雨注意報が出て、その雨が今朝の8時過ぎまで降り続きました。

しかし28名の会員が自発的に集まり、天気も味方し曇りとなり21℃の涼しい気温で

無事に作業を終了出来ました。谷本川の増水もなく安心しました。

 投稿者:sakura 投稿日:2017/09/23 19:29

 コメント(5)

秋の七草である「ススキ」にも開花があります。

ススキの開花は、葉柄の先のさや状のところから抜き出た穂が、全体の20に達した時、

開花したと判断することになっています。横浜地方気象台は、今年は9月9日と発表

しました。

 投稿者:sakura 投稿日:2017/10/01 15:05

 コメント(6)

「十五夜」

 今日は旧暦の8月15日、いずれと知れた仲秋の名月(十五夜)です。
残念ながらその名月も今夜は雲に隠れて見ること出来ず(横浜地方)。

ただ「仲秋の名月」がもてはやされるが月を愛でるなら月遅れの「後の月」(十三夜)を期待しましょう。西行法師さんも「雲きえし秋のなかばの空よりも月は今宵ぞ名におへりける」と十五夜より十三夜の方が素晴らしいと読んでいます。
因みに今年の十三夜は11月1日(旧暦9月13日)です。十三夜の頃は空気が澄み天気が安定しているために美しいお月さまに出会う確率が高くなり「十三夜に曇りなし」という言葉さえあります。

これから急激に冷え込みが強まり気温の日較差が大きくなる絶好の紅葉シーズン「錦秋」
です。
会員の皆さまお身体には呉々も気を付けて紅葉を楽しみましょう。そして人生の秋を彩りながら藤が丘Gオープン頑張ってください。

桜咲く、人で咲く
Keep on Singing and Smiling ♪♪
Sendaiya

 投稿者:Sendaiya 投稿日:2017/10/04 19:48

ログインするとコメントを投稿することができます!  

copyright (c) 2009 Aoba-portal.net All rights reserved